イランのごはん!

今回のイランの滞在期間は、これまで旅をしてきた中で、シンガポールの次に短い、10日間。実に短い!

料理の発見をするにはちょっと短いのです。特に「旨い料理は家庭にある」ため、家庭に招待されたときがチャンス。……そう、でもそのチャンスを待っていたら10日なんてすぐ過ぎちゃうんです!

しかし、ラッキーなことに何回か家庭料理を味わうチャンスがあったので、家庭のごはんと外食をあせて、イランの食卓をご紹介したいと思います!

ファラフェルサンド
ベジコロッケみたいなものが、ファラフェル。それをピクルスやレタス、トマトと一緒にサンドイッチにします。
DSC_0019

そぼろ肉サンド
ジューシーな熱々肉を塩胡椒と緑の野菜と一緒にパンにのせて食べる。
DSC_0243

DSC_0236

家庭の味!ヨーグルトスープ
夏に美味しい冷製スープ。最後にパンをちぎって浸した他に、キュウリやミントが入ってます。これにははまってしまいまして日本でも作りたい一品。
DSC_0075

赤レンズ豆スープ
シンプルにトマトと豆で作ったスープ。
DSC_0290

家庭の味!豆とほうれん草のスープ/ アッシュ
豆とほうれん草、その他香草がベースのスープで、ヘルシー。
DSC_0182

小麦粉とラム肉のスープ/ ハーリム
小麦粉をラム肉の出汁でのばした、すごく粘り気のあるスープ。朝ご飯に人気だとか。
DSC_0122

ケバブ
肉!ミンチ肉のものもあれば、そのまんまのぶつ切り肉や手羽もあります。
IMG_2119

DSC_0283

IMG_4907

ラクダ肉のカレー
ラクダの肉が珍しかったので取り上げてみました!山羊と言われれば「そうか」と納得してしまうような味で、慣れた味でした。
IMG_4908

朝ご飯風景
IMG_4884
オムレツはトマトソースに卵を割って崩しながら焼いていくのが定番。
DSC_0363

パンを買う風景
DSC_0531

飲み物は、お酒を飲まないから偽ビールの種類が豊富です。
IMG_2076

飲むヨーグルトはいつでもどこでも手に入ります。
DSC_0238

お茶は紅茶。濃く作ってお湯で薄めて飲むのがイラン式。角砂糖をホイっと口に入れてからお茶を飲みます。
DSC_0272

欲を言えば、本当はもっと長く滞在して、家庭料理を飽きるくらい食べたかった!

おまけ

エスファハンにあるファラフェルサンド屋さんは千葉県幕張で働いていたことがあるとか。(右のおじさん)
ソースも野菜の量もジャストパーフェクト!あまりに安く美味しかったので、その街にいる間は毎日リピートしました。
DSC_0106

そして、頼まれたので頼まれて店の日本語の看板を更新。
IMG_4929

後日談ですが、わたしがこの看板を更新したおかけで、後に入店した際にある日本人のキンちゃんという青年(右)と友達になることができました(左は謙ちゃん)。感謝!
DSC_0245

味噌玉がんばって!の意味でワンクリックをおねがいします。
(読者がクリックすると、ブログ村ランキング上での当ブログの順位が上がります!)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

インドのおすすめココナッツ料理

現在インドはうだるような暑さです!

日中は40℃を超えることもしばしば。そんな照り付く太陽の下にいるのにもかかわらず、インド人の日常は相変わらずたくましいからすごい!チャリンコ力車の運転手、ネコ車を押す運び人、車輪の付いた屋台で移動する威勢の良い物売り……

私はといえば、情けないかな、ふらふらになってしまうため日中は食事をしに行く以外、外に出ることはできません。外に出ても、バイクやオート力車のクラクションの嵐、そして中国といい勝負の大気汚染に参ってしまいます。

日本で夏に食べたいものはいっぱい頭に浮かびます。スイカなど季節のフルーツに加え、緑の野菜、魚、そして味噌汁。暑い夏だからこそ、冷たい物ばかり食べないで、熱々の味噌汁を飲んでお腹を温めることも忘れてはいけません。

 

しかしわたしは旅人なので、ホテルにはキッチンがないから自炊が出来ないのが痛い。

そんなときに出会ったのが、レストランで食べられる「ココナッツ」という頼れるやつでした。

ココナッツは、まるで味噌汁のように万能!?

味噌汁は、ミネラル、ビタミン、アミノ酸が含まれ、疲れを感じたときなどに熱々の味噌汁を飲めば、体にしみるおいしさがあります。

ココナッツジュースは、発展途上国では点滴に使われることもある程だそうで、本当に体に害がないというか、すごい相性!ミネラル、ビタミンを多く含み、ココナッツジュースと内側の果肉から、一日に最低限必要な栄養素を摂取できるそうです。昔から常夏の国の人々に信頼されてきた、頼れるやつであることは間違いなし!

 

ニューデリーは都会なので、南インド料理屋さんがいくつもあります。

そこで売られているのは、発酵させた米粉を生地にしたドーサ(こんがりしたクレープ生地)とイドゥリー(ふっくらした蒸しパン)。それらをつけて食べるのが、ココナッツをベースにしたチトゥニーというソースです。あまり辛くなく、脂っこくありません。

DSC_0520_Fotor_Collage

ココナッツ、ミカン科のオオバゲッキツ(大葉月橘)という葉、生姜、胡椒、グリーンチリが基本的な原材料。

コリアンダーが入ると緑色になります。

IMG_1589

日本人の胃腸にやさしい味♪

辛くて脂っこいインド料理に疲れても、ココナッツベースのチトゥニーさえあれば、常夏のインドもこれでなんとか元気に過ごせそうです。

素敵なレシピブログ(英語)を発見したのでご紹介。
ドーサ: http://www.vegrecipesofindia.com/dosa-recipes/
イドゥリー: http://www.vegrecipesofindia.com/idli-recipe-how-to-make-soft-idlis/
テトゥニー: http://www.vegrecipesofindia.com/hotel-style-coconut-chutney-recipe/

旅先でも食から健康になろう!

味噌玉がんばって!の意味でワンクリックをおねがいします。
(読者がクリックすると、ブログ村ランキング上での当ブログの順位が上がります!)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

インド電車旅とおやつ

インドに着いてから1ヶ月半もの期間、ブッダガヤという小さな町で過ごしてしまいました。北部に位置するため日本の冬の様に寒く、もっと暖かいところでリラックスしたい!と、北から南へ41時間かけて一気に電車で移動しました。今回の投稿はそのときの列車旅の模様です。

インドの電車旅は全然優雅なイメージがありません。ファーストクラスの座席は不明ですが、結構ストレスが多いんです!なぜなら、
・わけのわからない食べ物を注文しなければいけない
・相席する人がどんな人かわからない(万国共通だけどインド人となると…)
・ネズミがいる
・物乞いがいる

しかし、知らずに乗ってびっくりしたのが、今回利用した電車は3食プラスお茶、水のサービス付き!

これにより、配膳された食器は片付けに来るスタッフがいるためゴミを食い散らかしたままということもなく、よってネズミがいないという快適さ。たまたま長距離列車で止まる駅が少なく物乞いもいませんでした。思っていたより居心地の良い電車旅。

わくわくの食事内容はこんな感じです。
・カレーのお昼ご飯
IMG_0454

・わーデザートはアイスクリーム。昼食後だけかと思ったら夕食後もアイスクリームが出てくる始末。
IMG_0451

・お茶
IMG_0458

・夜も昼と同じカレー。

次の日まで毎食同じカレーが出ると、当初のわくわくなんて全く記憶にありません。狭い空間にじっと座りっぱなしで強制カレーとの戦いです。
こんな食生活の中、正気を保つことができたのは、紛れもなく持ち込んだ野菜スティックと味噌の力だと思いました。

実は、列車旅にはおやつがつきもの!と意気込み、出発前夜ににんじん、大根、キュウリを購入し、洗ってすぐ食べられるように準備しておきました。そして、振る舞う用に持ち歩いている味噌を自分用に頂戴し、ジップロックに入れ、おやつとして持ってきていたのです。生野菜をたくさんボリボリ食べるためにはディップの存在は欠かせません。インドの新鮮な地場野菜を高級味噌で食べる、これが素材と素材のいい勝負で、なかなかイケるんですね〜。

野菜スティックwith味噌のおやつがリフレッシュメント効果を発揮し、3食カレーに打ちのめされることなく、41時間を無事耐え抜くことが出来たのです!多少大げさですが、これは日常生活にも取り入れたい程のリフレッシュさで、皆様にもお勧めします。

さらには電車がほぼ時間通り着いたことは本当にラッキーでした。日本の感覚ではあり得ません。

ちなみに、目的地のケララに着いて初めてわかったのですが、41時間分も南下すると気温も北海道と沖縄くらい違うんですね。暖かい過ごしやすいところに行きたい!と思ってのことだったのですが、午後の昼下がりは暑すぎてホテルから出られないという始末。この後、2週間のヨガのクラスを予定していますが、これではナチュラルホットヨガになってしまうことでしょう。

今後もこんな感じで健康に気をつけながらゆっくり旅を続けていこうと思います。

(*ちなみに今回の電車では、寝台3Aクラス(スリーパー3Aクラス)という最上級から数えて3番目、最下級数えても3番目という、お金は節約したいけれどインドには不慣れな外国人旅行客には無難な席を利用しました。)

ミャンマーの食事

ミャンマーは未知数。私もミャンマーに着いてからやっとミャンマーという国のイメージが出来上がってきました。

実際、外国人が入ってはいけないエリアが未だに数多く残っていました。去年アメリカの経済制裁が終了したという事実からもわかるように、今まさに激変中のミャンマー。旅行客も徐々に増えてきてはいますが、外に発信されている情報も少なく、実際に足を踏み入れないとわからないことばかりです。

ミャンマー料理もわからないことばかりでした。

代表的な食事は、ミャンマーカレーとお米です。

ベースの味つけに魚醤やエビのペーストを使っていること、大量の油でのばして調理することがインドカレーとの大きな違いらしいです。

写真をみるとわかるように、たしかにすごく油っぽいんです。

一般的な食事の組み合わせは、これにサラダ、スープ、生野菜とディッピングソースがつきます。サラダは生野菜を刻んでスパイスとレモンの効いたドレッシングで和えます。スープは簡素的なものが多く、野菜を煮て胡椒をふったものなど、他のメニューの濃厚さを際立たせるための口直しのような立ち位置であっさりしています。

ミャンマー料理を形作る上で重要な国が二つ。インドと中国。ちょうど地図上でも両方に接しています。

インドの影響からサモサを刻んでひよこ豆のスープをかけた料理や、マッシュルームやカリフラワーを使った中国料理から習った味付けのスープなどは、すっかりミャンマーに住む人々の食生活に取り入れられています。

忘れてはいけないのがミャンマーが多民族国家であるということ。なんと!大きく8つの部族、全体で135に及ぶ民族が存在するそうで(wikipedia参照)、行くエリアによって食事も大きく異なってくるそうなのです。

残念ながら主要なエリアの旅行をしただけでは食事の違いは試すことが出来ませんでした。いつかゆっくり旅をしながら食の違いも味わいたいものです。

豆腐カレー。この液体部分は油です

豆腐カレー。この液体部分は油です

一般的な屋台のカレー屋さんです

一般的な屋台のカレー屋さんです

カレーの一例

カレーの一例

生野菜、カレーなどおかずがいっぱい

生野菜、カレーなどおかずがいっぱい

あっさりスープ(右)、サラダ(左)、カレー(中央上)

あっさりスープ(右)、サラダ(左)、カレー(中央上)

ライスサラダと称されていた

ライスサラダと称されていた

トマトサラダ

トマトサラダ

「中国料理」とメニューにありました

「中国料理」とメニューにありました

サモサスープ屋さん

サモサスープ屋さん

これが刻んだサモサ

これが刻んだサモサ

ひよこ豆のスープをかけます

ひよこ豆のスープをかけます

スープがかかりました

スープがかかりました

お茶っ葉や木の実、ごまのお茶請けです

お茶っ葉や木の実、ごまのお茶請けです

たこ焼きみたいなうずらのたまご焼き

たこ焼きみたいなうずらのたまご焼き

お好み焼きみたい

お好み焼きみたい

刻んだキャベツなどを挟みます

刻んだキャベツなどを挟みます

こんなおでん屋さんも

こんなおでん屋さんも

ココナッツライスのケーキ

ココナッツライスのケーキ

シャン州の麺らしい

シャン州の麺らしい

こちらもシャン州の麺らしい

こちらもシャン州の麺らしい

ワンコンロ、ワンプレート 

wood burning stove

wood burning stove

モンゴル料理は飽き飽きする程種類が少ない。羊肉と小麦。汁ものか炒めもの。揚げパン、肉まん。パンと乳製品。以上!

ゲルの中を拝見すると、家の中にブリキ製のストーブがあって、壁のまわりにベットがおかれているだけ。これが木の家になっても基本は一緒で、同じブリキ製のストーブが1つ、ソファやベットが家族の人数分一部屋に置いてある。

調理器具はストーブの蓋を取り外した後ストーブの上に置く中華鍋のようなもの。それでモンゴル茶を作るし、羊肉を茹でるし、小麦の麺も茹でる。揚げものもする。パンを焼くときはストーブの上に丸い普通の鍋を置いて焼く。ちなみに田舎を離れてもその名残が色濃くある。モンゴル料理レストランではそれをベースにしたメニューしかないのだ。今でこそ複数のコンロや調理器具、食材が手に入るウランバートルでさえメニューに変化が見られない。