かまベジに懺悔をしながら紅菜苔を食べた

こんにちは やまとなでしこになりたいミアです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

最近のブームは野菜の定期便サービスかまベジの野菜を徹底的に料理し、こうしてブログにレビューを載せることです。

これまでもこんなにレビューを書かせていただきました。

関連する過去の投稿

→かまベジの野菜を調理してみた オータムポエム編
→かまベジの野菜を調理してみた 三浦大根編
→鎌倉野菜かまベジで頼んだ野菜を調理! ニシユタカとパープルスティック、サラダMIX編
→【レビュー】鎌倉野菜 定期便が届いた!
→家事の効率化を生活協同組合でやってみた

さて、今回はいきなり懺悔から始まりたいと思います。

続きを読む

トルコのパイ料理 ボレックを作りに行ってきた

トルコ(フェティエ)にて田舎暮らし中です!トルコ料理も家庭料理はレストランで食べるものとは大違い。

滞在しているお家のお母さんに「ボレック」というパイ料理を作ってもらいました。家にかまどがないので、買ってきたパイ生地に具を詰めてオーブンレンジで焼きました。

b18

b19

しかし今度は、かまどがあるお家にお邪魔して生地から作ることに。歩いて5分くらいのハニフェさんの家へ行きます。
b01

今日作ってくれるハニフェさん(左)と私の滞在先のお母さん(右)。
b14

ここが調理場。半外にかまどがあります。日本の土間的な立ち位置ですが、四面に壁は無く、地面だけコンクリートになっており、リビングルームに隣接しています。
b02

今日は三種類のブラックを作ります!

コリアンダーとチーズ

b03

牛肉のミンチとタマネギ

b04

ジャガイモとチーズ

b05

<作り方>

生地をこねたところです。
b09

拳の半分くらいの大きさに生地を取って伸ばします。
b10

生地を伸ばす過程の動画はこちら。生地を伸ばす作業がめちゃくちゃ早いんです!この生地を伸ばしている女性はハニフェさんと言って、すごく働き者。いくつも年が違わないのに尊敬します。

伸ばしたら、具を散らします。どの具の時でも詰め込みすぎないのがコツです。
b06

b07

b08

具を散らした生地を折りたたみ、端っこを指で押してくっつけます。餃子みたいですね。
b11

かまどへ。
b12

鉄板に触れている側に焦げ目が付くので、付いたら裏返してこんがり焦げ目が付いている方の面にオイルを塗ります。両面に焦げ目を付け、オイルを塗るので、この作業をもう一度行います。

出来上がったら適当に四つ折りにしました。
b17

簡単なようで、手作業なのですごく時間がかかる料理でした。焼くのも一枚一枚。しかしこんがりしていて最高に美味しい!生地の折りたたみ方だけ工夫すればオーブンでも作れるのでまた試してみたい一品!

トルコでクルド人に味噌汁を作る

私たちが旅したトルコ国境付近のイランから東南トルコにかけては、クルド人との良い出会いが多く、何度か味噌汁を作るチャンスがありましたが、ことごとくハズれました。

 

トルコ国境近くのイラン(タブリーズ)で、ふらふらと散歩をしていたときのことでした。「お茶を飲んで行きなさい」と声を掛けてきてくれたのは、小さな雑貨屋のおじさんでした。

お茶を飲みながら聞くと、おじさんはクルド人だそうです。国境の誇りっぽくて商売人の多い殺伐としたイメージの街が、温かいものになりました。

DSC_0226 3

 

トルコでも、クルド人との出会いがたくさんありました。

ドゥーバヤジット近くに、ノアの箱舟のノアが箱船を降りてから最初に作った村があります。半遊牧の生活をしている人が多いそうです。きれいすぎて神様が趣味で作った場所かと思いました。

DSC_0353

DSC_0378

 

「サラマリコム」と声を掛けると、
「マリコムサラム!」と笑顔で大きな声で返してくれます。

ーーポジティブエネルギーを循環させる特別な挨拶。
DSC_0372 2

 

こちらの家族にはお茶をご馳走になりました。
DSC_0362

DSC_0359

「サオル!」お茶のお礼を言ってお別れしました。

 

ドゥーバヤジットにあるホテルに宿泊したときの運営者もクルド人の兄弟でした。しかし私たちには高級ホテルで、価格が予算以上だとこぼすと、テラスのソファでなら一人$5で寝て良いと有り難いオファーをくれたのです。ホテル客には料金を取る朝ご飯もただでくれたり、お昼や晩ご飯も自分たちの食べる分を分けてくれるのでした。そして何より、会話に混ぜてくれました。自分たちはクルド人で持てなすことが文化だと説明してくれました。
DSC_0477

DSC_0300

クルド人の文化をもっと知りたいと思うようになりました。

さて、お礼の気持ちを込めて、このホテルのおじさんに味噌汁をつくることに決めます。

トルコでは茄子をよく食べること、塩が欠かせないこと、油を使う料理が多いことから、茄子をたっぷりの油で焼き塩をふったものを味噌汁に使うことに。

近くの八百屋で茄子を買ってきて、あとはいつもの越後長岡味噌で作ります。私にはしょっぱいけれど、まあまあの出来です。
DSC_0293

DSC_0296

「味噌汁のお味はどうですか?」
「まずいっ!」

まじか!こんなにハッキリ言われたのは味噌玉世界旅史上初でした。

「油も塩も少なくて食べられない。味が無い。」
と言い、塩をふって食べ始めました。しかも大量に!!!そんなにかけたら高血圧(?)になっちゃうよ。

DSC_0297

せっかく作ってもらったから残さず食べようと思ってくれたようで、味噌汁の具を食べてはアイラン(飲むヨーグルト)で流し込む、といった具合……

しかも最後には
「でも、見て!全部食べたでしょ!」と自慢の笑。
しかしお椀を見てみると、具だけ食べ、汁は完全に残っていました。汁を飲んでこそなのですが。

これがトルコでの味噌汁の戦いの幕開けでした。

いつも味噌汁を振る舞うのはドキドキします。

「喜んでくれるかな~?」という一心でハラハラドキドキしているんです。

今回のイベントで私の期待はまんまと覆され、トルコはダメかもと意気消沈したのでした。

ホテルのキッチン手伝いをしているしっかりものの少年たちにも試してもらったのですが、受け取る際の「ありがとう!」という笑顔がかわいかったです。
IMG_2149

IMG_2150

味噌玉がんばって!の意味でワンクリックをおねがいします。
(読者がクリックすると、ブログ村ランキング上での当ブログの順位が上がります!)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ネパールとヒマラヤの食事

ネパールとヒマラヤの食事をご紹介!

ネパール料理といえば、「ダルバット」

「ダル」はヒヨコ豆やレンズ豆のスープ、「バット」は米の意。ダルというスープはインド料理にも出てきます。が!味が違います。優しい味の豆スープです。これに副菜として、キムチのような漬け物や、炒めカレー、ときには野菜の炒め物、や生野菜がついてきます。この一皿でバランス良く栄養がとれる、とネパール人も認識している優れものプレートなのです。
1

2

ヒマラヤの山の上での食事

チベットから伝わる料理が多いです。今では広くネパール人にも食べられています。

「もも」
まさに餃子なのです。皮から手作りなので美味しさは説明するまでもありません。中身は、バッファロー、チキン、ベジ、ポテトチーズなどから選べます。タレはトマトベースのチリソース。手作りソースを出している店も多い。
5

4

3

「チョーメン」
焼きそばです。麺が手作りなので、味わい深い。
6

7

「センドック」
手打ち麺です。その素朴さが岩手県の「ひっつみ」を思わせます。
8

「チベタンブレッド」
小麦からこねて揚げます。味は甘くないドーナツのよう。エネルギー量が高く、山の上では最高。
9

「チャンパ」
麦こがし粉と呼ばれる、一度煎ってある小麦粉を保存しておき、調理するときに適量をミルク、水、バターと一緒に温めながら溶かします。トレッキング中は、朝ご飯にこれさえ食べれば昼まで持ちこたえることができます。山の上の生活する人々の知恵が入っている食べ物なんです。
10

11

と、マーズ。マーズとスニッカーズは最高の山の行動食。ゴミは持ち帰りましょう。
24

南インドのごはん 〜 ケララから

インド本土の東北に位置する田舎のブッダガヤ(ビハール州)から南のトリヴァンドラム(ケララ州)にやってきて1週間が経ちました!
インド本土はすごく大きく分けて北と南に分類されますが、北のビハールでは目にしなかったメニューがいっぱいあります。

朝ご飯、お昼ご飯、晩ご飯をご紹介します。

朝ご飯かお昼ご飯
バナナフリッター ー朝ご飯に最適
IMG_3714

オニオンオタパム ー米粉のシンプルなお好み焼きみたいな感じ
IMG_0579

お昼ご飯か晩ご飯
タリ ー10種類ものカレーとチャパティとライスのセット
IMG_3646

パロッタとカレーのセット ー鉄板で焼いたパン。チャパティよりモチモチしている
IMG_0567

ギーローストとカレーのセット ークレープ生地
IMG_3713

マサラドーサ ーギーローストの中にスパイスで味付けをしたマッシュポテトが入っている
IMG_0574

おやつ
フルーツサラダ ー何種類もの旬な果実が一つのボールに
IMG_0475

パイナップルジュース ー今まで食べたことのあるパイナップルの中で最高に甘かった
IMG_0588

レモンジンジャーソーダ ーソーダが火照ったからだを冷ましてくれる
IMG_3666

コーヒー ー北ではなかなかありつけない代物です
IMG_0490

ベジカツレツ ーカツレツってそもそもなんだっけ?と思わせたマッシュポテト揚げ。ビーツとヨーグルトをミキサーにかけたソースをかける
IMG_0470

行動範囲が広くなるときっとさらにメニューが増えることでしょう!

ミャンマーの食事

ミャンマーは未知数。私もミャンマーに着いてからやっとミャンマーという国のイメージが出来上がってきました。

実際、外国人が入ってはいけないエリアが未だに数多く残っていました。去年アメリカの経済制裁が終了したという事実からもわかるように、今まさに激変中のミャンマー。旅行客も徐々に増えてきてはいますが、外に発信されている情報も少なく、実際に足を踏み入れないとわからないことばかりです。

ミャンマー料理もわからないことばかりでした。

代表的な食事は、ミャンマーカレーとお米です。

ベースの味つけに魚醤やエビのペーストを使っていること、大量の油でのばして調理することがインドカレーとの大きな違いらしいです。

写真をみるとわかるように、たしかにすごく油っぽいんです。

一般的な食事の組み合わせは、これにサラダ、スープ、生野菜とディッピングソースがつきます。サラダは生野菜を刻んでスパイスとレモンの効いたドレッシングで和えます。スープは簡素的なものが多く、野菜を煮て胡椒をふったものなど、他のメニューの濃厚さを際立たせるための口直しのような立ち位置であっさりしています。

ミャンマー料理を形作る上で重要な国が二つ。インドと中国。ちょうど地図上でも両方に接しています。

インドの影響からサモサを刻んでひよこ豆のスープをかけた料理や、マッシュルームやカリフラワーを使った中国料理から習った味付けのスープなどは、すっかりミャンマーに住む人々の食生活に取り入れられています。

忘れてはいけないのがミャンマーが多民族国家であるということ。なんと!大きく8つの部族、全体で135に及ぶ民族が存在するそうで(wikipedia参照)、行くエリアによって食事も大きく異なってくるそうなのです。

残念ながら主要なエリアの旅行をしただけでは食事の違いは試すことが出来ませんでした。いつかゆっくり旅をしながら食の違いも味わいたいものです。

豆腐カレー。この液体部分は油です

豆腐カレー。この液体部分は油です

一般的な屋台のカレー屋さんです

一般的な屋台のカレー屋さんです

カレーの一例

カレーの一例

生野菜、カレーなどおかずがいっぱい

生野菜、カレーなどおかずがいっぱい

あっさりスープ(右)、サラダ(左)、カレー(中央上)

あっさりスープ(右)、サラダ(左)、カレー(中央上)

ライスサラダと称されていた

ライスサラダと称されていた

トマトサラダ

トマトサラダ

「中国料理」とメニューにありました

「中国料理」とメニューにありました

サモサスープ屋さん

サモサスープ屋さん

これが刻んだサモサ

これが刻んだサモサ

ひよこ豆のスープをかけます

ひよこ豆のスープをかけます

スープがかかりました

スープがかかりました

お茶っ葉や木の実、ごまのお茶請けです

お茶っ葉や木の実、ごまのお茶請けです

たこ焼きみたいなうずらのたまご焼き

たこ焼きみたいなうずらのたまご焼き

お好み焼きみたい

お好み焼きみたい

刻んだキャベツなどを挟みます

刻んだキャベツなどを挟みます

こんなおでん屋さんも

こんなおでん屋さんも

ココナッツライスのケーキ

ココナッツライスのケーキ

シャン州の麺らしい

シャン州の麺らしい

こちらもシャン州の麺らしい

こちらもシャン州の麺らしい