味噌と鰹節で味噌玉世界旅再出発!

旅の途中、味噌をどうやって手に入れているのか。そして2014年10月から、どうして鰹節を持って旅を続行することになったのか。

 

味噌が切れそうになると、たちばな本舗の南社長が、わたしがその時いる場所にドカッと送ってくれます。1kg入りの袋を開封したら、さらにジップロックに入れておきます。その袋がなくなると次の袋、そしてまた次の袋へといった感じで使っていきます。長期間じっくり熟成した味噌は腐りません。ただし変色し、風味が変わります。それもまた楽しい。

例えばインドでは、貧しいインフラの中、インド在住の友人の協力のもと、やっとの思いで味噌を受け取ることができました。(本当にありがとうございました!)受け取った味噌数キロ分を、イラン、トルコ、イタリアまで持ってきました。

そして、イタリアで最後の袋を使い切りました。その時の様子は「世界新聞」に投稿記事があります。

 

ar03
今回、そんなパーフェクトなタイミングで南社長が味噌と一緒にイタリア入り!南氏は、味噌や発酵についてスピーチを行うために世界最大の食の祭典「サローネ デル グスト2014」に参加されました。そこに私が出向き、味噌玉の親・南氏と感動の再会を果たしたのです!!

(イベントの様子は、前回の投稿に書いています。味噌や鰹節を試食したイタリア人のリアクションを写真でまとめています。みんな最高に良い顔をしていますよ。)

無事、味噌を南氏より手渡しで受け取ることができ、これまでの味噌汁の旅の思い出がワーッと思い起こされました。

味噌汁を口にしてきたイラン人、トルコ人、トルコにいるクルド人、イタリア人、その他アジアの国々の人たち……一人一人の顔を忘れることはありません。味噌汁を口にすることで、みんな、わたしなりのおもてなしの気持ちを受け取ってくれているのです。ドキドキしながら味噌汁を作って、振る舞って、また反応にドキドキし……振り返ると、食べてもらえたことや味噌を通じて交流できたことは最高の体験でした。

 

ar01
一緒に旅をしている婚約者の謙さん(左)と南社長(真ん中)。

味噌、しっかりと受け取りました!写真で私が手にしているのは塩麹ではありますが(笑)これで味噌汁を振る舞う旅を続行することができます!

……しかし思いもよらず、今回は味噌にあるものが加わりました。

「鰹節」です。(……?!)

もう一度言います。「鰹節」です。強いて言うなら「鰹節削り機」もです。

 

ar08

 

ar02

 

ar04

同イベントで西伊豆の鰹節屋さん「カネサ鰹節商店」芹沢社長(右)にお会いし、私の活動を話すと、なんと鰹節と鰹節削り機を託してくださったのです!ワオ!!

 

ar05
鰹節にまつわるあれこれもプロデュースされているとか。そしてその味は、イタリア人も欲しがる絶妙な味わいだとか。芹沢氏は「ありがとう」にかけて「ありガツオ」というキャッチフレーズを掲げ世界に鰹節を展開中です。ナイスフレージングセンス!

 

ar07
同イベントでは、集まる来客に、鰹節を素材として食味してもらったり、チーズとトマトに混ぜて出したりと、鰹節の可能性を熱心に説いていらっしゃいました。世界のトップレベルのシェフは、もう鰹節を当たり前のように使っていると聞きますから、イベントに参加しているイタリア人の興味関心にはすごいものを感じました。

 

ar06
鰹節を手に持って解説されている手前のお方が、芹沢氏ですね。イタリア人は鰹節の固さにびっくりし「木みたい!」と言うんです。そういう反応が面白い。

とにかく。

鰹節で出汁をとった味噌汁を振る舞う旅、始まります!よっしゃ!

味噌と旅をして1年と半年(早い……)が経とうとする今、新たな出会いもあったことですし、味噌玉世界旅も節目に来ているように感じます。だからこそ「楽しむ、感謝する、もてなしの心を大切にする」ことを根底に味噌玉旅を続けていこうと思うのです。

芹沢氏、そして紹介してくれた南氏「ありガツオ~!!」

 

ar08

海外でウケる味噌料理

世界一周旅行をしながらがんばっていることがあります。

チャンス(調理場と食べてくれる人)があれば、味噌汁を振る舞う活動をしているんです。

味噌汁だけではなく、海外では日本人の発想を超えた味噌料理が存在するという噂をききつけ、トルコに滞在中に作った味噌料理があります。

  • 味噌&タヒニドレッシング
  • 茄子と生姜のグリル焼き 葱味噌ソース添え
  • インド風ポテトカレー 味噌隠し味

味噌&タヒニドレッシング
タヒニとは、トルコなどでよく食べられる地中海料理のひとつで、煎り胡麻ドレッシングです。果実シロップとまぜてパンに塗るのが最も一般的な食べ方。

そのタヒニを使ってサラダ用ドレッシングを作ってみよう!

たくさんのレモン汁に同量のタヒニ。そして少量の味噌とオリーブオイル、お好みで香草を加えます。

う〜ん、どうなんだろう。わざわざ混ぜなくても良い気がします。おいしいレモンとフレッシュなオリーブオイルがせっかくあって、そして私の持っている味噌もおいしい高級味噌なのに混ぜる理由がよくわからない。しかし、日本でも流行っている、マヨネーズに野菜スティックをディッピングする要領で使ってみるのは、人によったらなじみ深く、自分で量を調整しやすいので、より受け入れられやすいと思いました!
IMG_2926

IMG_2928

茄子と生姜のグリル焼き 葱味噌ソース添え
野菜のグリル焼きは身体がぽかぽかしてくるし、野菜本来のおいしさがひきだされるのでおすすめの調理法です!葱味噌ソースは不動のおいしさでしょう。そのまま茄子にかけても良し、ごはんにかけても良し。うまし!
IMG_3016

インド風ポテトカレー 味噌隠し味
インドに滞在した経験があることをいいことに、調子に乗ってインド風ポテトカレーを作ってみました。ターメリックやマサラスパイスを入れ、辛くなりすぎてしまったところに隠し味的に味噌を入れます。失敗したときの悪あがきのような気もしないでもないですが、味噌が入ったことは言われないとわからないのに、以前に比べて甘く深みが足されたから大成功。
IMG_2917

IMG_2916

 

やっぱり味噌は、味噌だけで使うのが一番間違いがないでしょう!(笑)それは日本人へも海外の人にでも通じるところがなんとなくある気がします。素材の味を邪魔しないように。シンプルにいけるところはシンプルに。教訓はそんなところでしょうか。

ジャパン味噌プレス7月号

ミソガールが味噌を体現していく味噌業界紙「ジャパン味噌プレス」。7月号は、世界に誇るスタミナスープで夏を乗り切ろう!ということで、夏ばてに効く味噌の食べ方などためになる情報が満載!

今回私の書いた記事は、ネパール ヒマラヤで味噌汁を振る舞った際の様子が載りました。

1407-01-08

 

「ヒマラヤ山上でシェルパ族に喜ばれた味噌汁」

1

 

 

おまけ記事に、デリーでインド在住の味噌ガールと一緒に味噌パーティーをした模様も。自身のブログにそのとき作った料理や料理風景など写真付きで綴っています!

スクリーンショット(2014-07-02 21.44.05)

[ 連載 ] http://misopress.com/misodama.html
[ ジャパン味噌プレス ] http://misopress.com/
[ ミソガール ] http://miso-girl.com/

世界のお客様へこんな資料を見てもらいます!

「味噌汁を世界一周旅行中に振る舞おう」というイベントもゆっくりですすが、着実に進行しています。

食べてくれた人たちの感想はというと、毎回喜んでもらえます。
特に味を気に入ってくれた人たちは、モンゴル人、西洋人、タイ人、インド人といったところでしょう。でも、必然的ながら一番喜んでくれるのは、旅先で出会った日本人でした。

全ての国で共通して言えるのは、「作ってもらった」ということに感謝されるということです。これは大変嬉しいことです。しかし、ここで「じゃあ味噌汁じゃなくてもいいじゃない?」という疑問が生じました。

そこで「味噌汁を食べることが出来て良かった!」と思ってもらえるように、味噌についてわかりやすい説明が必要と考え、簡単な味噌紹介資料を作成しました。資料を自分のi pod touchに保存しておき、さっと見せながら説明すれば、あえて味噌汁を食べる理由が伝わるというわけです。「だからこその味噌汁なのね」と思ってもらえれば嬉しい次第であります。

味噌紹介資料はこちらから→[PDF] What is Miso

Mia