手作り味噌のレストラン ダラムサラ

わたしたちは、2013年6月に旅を開始してから、1年旅をしてきたけれど、旅史上最悪の下痢に襲われたのがここインドのダラムサラ。 2週間の滞在中、1週間は寝っぱなし。 他の旅行者の体験段を聞くと、8ヶ月間も下痢しっぱなしだったなんて聞いたことがあります。医学はよくわかりませんが、自力で直さず病院で抗生物質を処方してもらうのが、確実な治癒方法の場合もあります。 私は、「Delek Hospital」という大きい病院に行き、治療しました。 治療中でも脱水症状から食欲が無くなり、吐き気に見舞われる中、私を元気にしてくれたのが、日本食料理屋。 「Lung Ta 風の馬」というレストラン。 IMG_4624 安価な価格設定で、非営利というからスタッフの良心が伝わってきます。売り上げはチベット難民向けの裁縫教室や学校に回されます。 IMG_4625 目玉商品の日替わり定食があって、その他もうどん、お好み焼き、喝上げ丼、味噌汁などの単品があります。 IMG_1767 IMG_1776 IMG_4616 私が救われたのは、味噌汁掛けご飯。それぞれを単品で頼んで勝手に味噌汁掛けご飯に。本当はお粥が食べたかったけれど、これだけでずいぶん食べやすくなるんですね。 ここの味噌汁は、本当に美味しいんです。自分たちで味噌を作っているのだそう。 塩分控えめの味噌は、大豆のかたちが荒く残っていて、ご飯の上にのせると、それだけで豪華なおかずみたい。わかめ、ネギのシンプルさが身体にしみるおいしさでした。 麹は日本から持ち込んで、ダラムサラで1年半熟成させるのだそうです。寒い場所だから、時間がかかるんですって。1キロ400ルピーで販売も行っているそう。長期滞在の方は購入しても良いかもしれません。 外国人旅行客からも高い人気を誇ります。 インド人の夫婦で、「味噌汁のフレーバーが大好きなんだ。君も食べてみなよ」って相席していた奥さんに語る旦那さんをみました。 ヨーロッパかどこからかの若い男女のグループで、「味噌汁のおかわりをください」と注文している人もみかけました。 レストランの評価付けも行っているTripadvisorというサイトのレビューも高いんです。

「非営利レストランで良いレストランをみつけた」 「今まで食べた日本食レストランの中で一番美味しかった」 「街で一番おいしいレストラン」 「忙しいレストランだから、座れさえすれば良いレストラン」

など。 体調が回復してからは、ここのチョコレートムースをいただきましたよ!お菓子作りが上手な友人が作ったような、素朴なおいしさがまさに探し求めていた感じでした。 IMG_4654Lung Ta 風の馬」レストランには本当に世話になりました。 味噌玉がんばって!の意味でワンクリックをおねがいします。 (読者がクリックすると、ブログ村ランキング上での当ブログの順位が上がります!) にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村