ジャパン味噌プレス6月号

美容のため、健康のために、味噌の効能を見直そう!

ミソガールが味噌を体現していく「ジャパン味噌プレス」という味噌業界紙。6月号にタイで味噌汁を振る舞った様子が掲載されました!

1406-01-08

 

「日本食通のタイ人が喜んだ家庭的な味噌汁」
スクリーンショット(2014-05-31 14.06.36)

[ 連載 ] http://misopress.com/misodama.html
[ ジャパン味噌プレス ] http://misopress.com/
[ ミソガール ] http://miso-girl.com/

もち米は幸福の味だった 

餅米を手づかみで食べるーーそれがタイ北部のおいしい伝統的食べ方。指で少量とった米を潰しつつ、おかずとからめてそのまま口へ。指で食べる楽しさと、普通米とは全く異なる風味の良さにやみつきになります。

北タイでは、うるち米よりもち米を主食とする傾向があります。もち米をおなかいっぱい食べては眠くなる、バンコクの騒音から数百キロ離れた静かな北タイではゆっくり時間が流れている気がします。

輝くばかりのもち米 Shining sticky rice

輝くばかりのもち米

店のおばちゃんがそのまま看板にいるおいしい店 3回リピートした。We repeated three times this restaurant for the sticky rice here!! So good.

店のおばちゃんがそのまま看板にいるおいしい店。3回リピートした。

豚肉ハンバーグ Pork Patties

豚肉ハンバーグ

豚肉ハンバーグともち米

豚肉ハンバーグともち米 

北タイのたんぼ Rice paddy in Northern Thailand near Pai

北タイのたんぼ

チェンマイで味噌をゲットする

いろんな方にお世話になりながら、入手しました。ブツを。

それはそれは有り難き味噌です。

越後長岡味噌醸造 「壱縁」 ーー半年かけて熟成させた味噌。日本人も忘れかけている本物の味噌の味を海外へ。

また一つ、ご縁が繫がりますように。「壱縁」 "Ichien" by Tachibana

また一つ、ご縁が繫がりますように。「壱縁」

味噌の具まで頂戴しました。I also received some ingredients which include seaweeds and ”fu”, wheat gluten, for miso soup!

味噌の具まで頂戴しました。

タイの片田舎に住む邦人男性に味噌をあげる 

メーサリアン近くのメーラノーイというタイ北部の片田舎に住む60代の日本人がいると聞き、ぜひ会いたい!と会いに行きました。

Tさんというこの男性は、近くに畑を買ってマンゴーとコーヒーを育てています。収穫できるようになるまであと3年だそう。

畑に行くと4匹の犬が駆け寄ってきてTさんに駆け寄ってきます。かわいい犬ですが、過去数ヶ月の間に畑でコブラを3匹も捕まえた凄腕のハンター。コブラが出る畑なんて自分だったら足を踏み入れられません……(今の季節は乾期でコブラが少ない)

さらに夢があるらしうく、近々キューバに行って葉巻をふかしながら読書をする生活を送るのだそうです。

葉巻好きで奥様がタイの農民に親しまれているというバナナの葉巻いた中にヤーセンとタマリンドを入れた葉巻を手作りしてくれます。キツく巻かないと美味しくないのだそう。タマリンドも入れれば入れるほど甘くなると奥様が教えてくれました。

若かった頃の船乗り時代に世界を3週もした話をしてくれました。

アメリカ客船は当時から料理が豪勢だったそうで、ステーキが週二回くらい出たというのだから確かにすごい。ちなみに世界で一番好きな国はインドネシアで、インドネシアにて船旅をしたことがある方ならもうご存じ、あの「ペルニ」も乗っていたそうです。

そんなTさん、日本にはもう3、4年帰っていないとか。「死ぬまで帰らないではなく死んでも帰らないのだ」と笑ってのけてしまうのです。

私は持っていた残りの味噌を差し上げました。

タイに住んでいるにもかかわらず毎日徹底して飲んでいたという味噌汁の味噌が昨日切れたという絶妙のタイミングでした!

すごく尊敬できる人間味のあるすてきな方でした。こんな生き方もあるんだな。

まずは葉巻を tasting cigar

まずは葉巻を

DSC_0110

DSC_0115

DSC_0116

DSC_0109

mango tree

mango tree

DSC_0127

DSC_0122

タイの中をひたすら北へ 

最後に味噌汁を作ったバンコクを出発してから10日。毎日少しずつ移動しています。移動の足はHonda 120cc。今回は世界一周旅行らしくその10日間のツーリングの様子をお伝えします。

バンコクを着いて最初に流れ着いたのはアユタヤ。

木の根に埋まった仏像の顔 Buddha face in tree

木の根に埋まった仏像の顔

DSC_4978

ミャンマーにあった王朝に攻められたアユタヤ王朝遺跡

日本からトルコに繫がるという道を行く。

アジアンハイウェイ Asian Highway 1

アジアンハイウェイ1

田んぼがつづく rice paddy on the way

田んぼがつづく

ココナッツ越しに見える山 hills behind coconuts trees

ココナッツ越しに見える山 

ミャンマー国境の町(メーソット)の朝焼け beautiful sunrise near Myanmar border called Mae Sot

ミャンマー国境の町(メーソット)の朝焼け

腕の立つメカニックに点検依頼@メーソット motorcycle repair shop @ Mae Sot

腕の立つメカニックに点検依頼@メーソット

105号線をひたすら進む just keep driving on rd 105

ひたすら進む

山岳地帯へ going into northern mountain area

山岳地帯へ

メーサリアン手前で見える集落 I saw this village about 40~60 km before Mae Sariang

メーサリアン手前で見える集落

チークという木の葉で屋根ができている The roof is made of teak tree leaves

チークという木の葉で屋根ができている

@メーサリアン手前で入ったガソリンスタンド @a gas station before Mae Sariang

@メーサリアン手前で入ったガソリンスタンド

DSC_0078

山を背後に茶屋がある@メーラノイからメーホンソンへ向かう途中 a cafe with the great scenery of mountains

山を背後に茶屋がある@メーラノイからメーホンソンへ向かう途中

第二次世界大戦 日本軍慰霊碑@メーホンソン手前の108号線上 War memorial of Japanese victims from WW2 before Mae Hong Son after on rd 108

第二次世界大戦 日本軍慰霊碑@メーホンソン手前の108号線上 

そうして到着したのが、今いるメーホンソンという空港もある大きな町。タイ北部は息をのむほど美しい。

町で一番のお粥屋さん

日曜日の朝はお粥を食べに8時頃家を出て、いつもの家族が運営する屋台で注文。鶏ベースが効いたシンプルな味付けで、鶏肉と半熟卵が入っているお粥で一週間をスタートさせる!タイでもお粥は中国料理として認知されているそう。

店を紹介してくれたトイさん Toy-san, who introduced us this shop

店を紹介してくれたトイさん

家族運営のお店 Family own shop

家族運営のお店

DSC_0002

DSC_0009-2

DSC_0010

バンコクの巨大モールで買った食材で味噌汁を作る 

バンコクにいる友人の家に泊まらせてもらう事になって、自然と皆の晩ご飯の担当になった。そこで近くのモールで買い物をすることに。その名も「ザ モール」というこのモールは日本の郊外型モール(茨城県にある内原ジャスコとか)並みに大きい!まずそこに驚いた。そして日本メーカーの出店数にも驚いた。テナントを見るとユニクロがあり、ほっかいどう、ビアードパパなど日本のスイーツ屋さんも入っている。デパ地下みたいに食品スーパーの近くには山崎製パンも入っていて、ロングセラーの「まるごとバナナ」ならぬ「まるごとマンゴー」が売られていた。

  ザモールという名のモールが面するスリタイ通り

ザモールという名のモールが面するスリタイ通り

ユニクロ UNIQLO

ユニクロ

ほっかいどう Hokkaido

ほっかいどう 

まるごとマンゴー marugoto mango

まるごとマンゴー

噂のスーパーの中 inside the supermarket

噂のスーパーの中

友人のお母さんのトイさんは日本食通。日本にも行った事があるらしく、「豚の生姜焼きが食べたい!」と明確なリクエストを出してくる。モールの中のスーパーは高い。『タイって本来もっと安いはず?!』という疑問を抱きながらも日本のスーパーの2割引きくらいの値段で食材を購入しモールを後にした。

豚肉の生姜焼き、オクラの味噌汁。タイ米ごはん。

トイさんも大変ご満足の晩ご飯。「日本食は小皿に盛るから好き」と言われ、小皿に盛るのは日本の食文化なのか?と初めて疑問に思った。

豚の生姜焼き  ginger pork

豚の生姜焼き

味噌汁のためのオクラ okra for miso soup

味噌汁のためのオクラ

IMG_2013

完成!dinner time

完成!

大豆のソースやゴーヤ

タイのお金持ちはこんな場所に住んでいる!なんと、高級住宅エリア内に入るためにセキュリティーを抜け(!)、その先にはここはビバリーヒルズかと思わせる家々やゴルフ場や運動施設がある。なかには別荘として建てた家もあるらしく、人は住んでいないけどしきりに庭師やらが出入りしていた。

高級住宅街にあるプール a swimming pool in an exclusive residential district

高級住宅街にあるプール

タイにいる友達の家を訪ねたら、たまたま高級住宅地だった。その友達のお母さん。名前はトイさん。今では子供も巣立ち家事全般をこなす。しかし小育て時代は特に家にはメイドがいるのが常らしい。ちなみにメイド事情も昔と今では違うらしく、メイドに支払う金額は2〜3万程で決して安くはないと教えてくれた。タイ人のメイドは今は見かけなくなってきている代わり、カンボジアやミャンマーからのメイドが多いらしい。「いいメイドを見つけるのは大変」と言っていた。高いお金を支払って自分の家にほぼ住んでもらうのだからメイド選びも慎重になるのだろう。

友達のお母さんのトイさん Toi, a mother of a friend of mine

友達のお母さんのトイさん

そんなトイさんの家に着いてしょっぱな、トイさんのご近所友達のお金持ちのおじさんの家に晩ご飯にお邪魔させていただくことになった。晩ご飯の内容はタイの家庭料理らしく大変ヘルシー。メイドが作ったそうな。メイドは3人もいるそうな。

ゴーヤは豚肉のミンチとマロニーを詰めて塩こしょうで煮た。

グリルチキンのソースは濃厚な醤油のような味がする大豆から作ったというソース。大豆がみじん切りにされ発酵されており、魚醤、ライム、唐辛子、大量の生姜のみじん切りと和えてある。

ゴーヤ料理

ゴーヤ料理

手作り大豆のソース

手作り大豆のソース handmade soy bean source

タイのヘルシー家庭料理、日本人にも大変ウケそう。日本に帰ってからも再現したい内容だった。トイさんとご近所さんに感謝である。

水上マーケットと暮らし 

DSC_4740

DSC_4745

DSC_4743

DSC_4637

SONY DSC

学校 school

DSC_4703

家 a house

SONY DSC

寺 a temple

SONY DSC

寺から水路に向かって魚に餌をあげることもできる feeding the fish standing on the temple

家の底は水浸し。ショッピングは水の上。雨降って水かさ増したらたらどうするのーっ!?
タイ王国ダムナンサダック水上マーケット。日本ではちょうど明治維新の頃、タイでは王様が土地を肥やそうと運河をひき、農業用水
のみならず人々の交通網としても使われるようになった。その運河の様子はまさに道路。道路沿いに店がならび家や学校、寺までも建つ。今日ではタイ王国内外からの観光客が主要客となっている。しかしそこで売られるマンゴー、バナナ、ココナッツなどの果実や、食べ歩き用のローカル感あふれるココナッツアイスクリームなど思わず買ってしまいたくなるおやつは新鮮で美味しくタイ人客からも好まれている。

参照元
http://www.thaiwaysmagazine.com/bangkok/floating_market/floating_market_damnoen_best_tour.html

幸福を購入できるタイ料理のお店

SONY DSC
IMG_1945

幸福を購入できるタイ料理のお店

「このお店に入ると同時に日常の心配事や気持ちの高ぶりを忘れて、腰を下ろし、食べ物と飲み物を味わう、それが幸福です。」とエントランスに書いてあるのだ。風を感じ、海を眺めながらこの上ない食事を堪能する。食器によるプレゼンテーションがまるで高級ホテルだが、味は洗練された家庭料理。なんてすばらしいホスピタリティーを持ったお店か。

ひょっとして味噌にも同じ力があるのでは?

www.stevecafeandcuisine.com/

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

SONY DSC

walking away from the restaurant toward the parking, very happy indeed.