日本食とサローネ デル グスト2014

世界最大の食の見本市「サローネ・デル・グストとテッラ・マドレ2014」に参加してきましたよ~!

味噌玉世界旅で使用している味噌を提供してくれている「たちばな本舗」が出展者として参加しており、ご招待いただいたのが始まりでした。とにかく楽しませていただきました。このイベントはなんと言ったって世界最大の食の祭典ですからね!このブログを読んでくれているグルメなあなたもきっと楽しいと思ったことでしょう!

msf01

イタリア中はもちろん、世界各国から食自慢をしたい千を超える生産者たちが集まります。一度のイベントで同客数22万人を超えるイベントです。

msf02

食のなかでも「スローフード」に限定しているのがこちらのイベントの最大の特徴と言えましょう!スローフードとは、「おいしい(地域の中で守られてきた味)、きれい(環境にいい)、ただしい(生産者に対しての公平な評価)」である食のことです(スローフードジャパン公式ページより)。(上のパンはスイスの出展者のもの)

msf03

あちこちのブースで試食をするのもこのイベントの楽しみ方。こちらはスペイン北部のチーズ生産者。

msf04

さて、日本はというと、日本食を世界に広めたい有志が集まってきています。写真左から、日本酒の「人気酒造」さん(福島二本松市)、「スローフード」提唱者のカルロペトリーニ氏、私が毎度味噌汁を作るときに使わせていただいている「たちばな本舗」さん(新潟県長岡市)、スローフードジャパン副会長石田氏、そして鰹節の「カネサ鰹節商店」さん(静岡県西伊豆町)です。

msf05

こちらは東日本大震災を機に復興支援の一環で世界に日本食をつたえてきたGEN(Genuine Education Network)代表のさいとうさん。イベント最終日には子どもたちにおにぎりを作り、食べてもらい、日本食に触れてもらいました。

わたしは、味噌の試食や、ご縁あって知り合った鰹節の試食をお手伝い。

DSC_0114 2
msf06
msf07

日本食の基本とも言える味噌や鰹節を食味したイタリア人の表情がすごくおもしろいんですね!驚きを隠せない顔、パッと明るくなる顔、しかめっ面……皆さんとても良い顔をしています。写真をまとめてみましたのでどうぞ!

msf08

おにぎりの中身は、醤油を垂らした鰹節、越後長岡の味噌漬けの二種でした。この写真の子、そのおいしさに大騒ぎ。使用したジャポニカ米のことも「おいしい!」とコメント。

msf09

こちらもおにぎりを食べたあと。はじめは半信半疑でしたが、口に入れた瞬間表情がパッと明るくなりました!

msf10

こちらは味噌の試食のブースにて。「う~ん、いけるんじゃない?」

msf11

こちらの男の子は、ワイン学校に通う舌の肥えたお方。しみ~じみ味わっておられました。

msf12

味噌の説明に興味津々。

msf13

こちらの男性は料理学校に通っているというシェフのたまご。そのまなざしは真剣そのものでした。

msf14

この後「ボーノ!」とコメントしてくれた婦人。

msf15

最後に、こちらの写真です。この顔はプライスレスでしょう!鰹節の匂いをかいだワイン学校に通う男の子。

いかがでしたでしょうか。日本の味噌、鰹節がさらに世界に認められていくことを願います。がんばれ日本!

トルコでクルド人に味噌汁を作る

私たちが旅したトルコ国境付近のイランから東南トルコにかけては、クルド人との良い出会いが多く、何度か味噌汁を作るチャンスがありましたが、ことごとくハズれました。

 

トルコ国境近くのイラン(タブリーズ)で、ふらふらと散歩をしていたときのことでした。「お茶を飲んで行きなさい」と声を掛けてきてくれたのは、小さな雑貨屋のおじさんでした。

お茶を飲みながら聞くと、おじさんはクルド人だそうです。国境の誇りっぽくて商売人の多い殺伐としたイメージの街が、温かいものになりました。

DSC_0226 3

 

トルコでも、クルド人との出会いがたくさんありました。

ドゥーバヤジット近くに、ノアの箱舟のノアが箱船を降りてから最初に作った村があります。半遊牧の生活をしている人が多いそうです。きれいすぎて神様が趣味で作った場所かと思いました。

DSC_0353

DSC_0378

 

「サラマリコム」と声を掛けると、
「マリコムサラム!」と笑顔で大きな声で返してくれます。

ーーポジティブエネルギーを循環させる特別な挨拶。
DSC_0372 2

 

こちらの家族にはお茶をご馳走になりました。
DSC_0362

DSC_0359

「サオル!」お茶のお礼を言ってお別れしました。

 

ドゥーバヤジットにあるホテルに宿泊したときの運営者もクルド人の兄弟でした。しかし私たちには高級ホテルで、価格が予算以上だとこぼすと、テラスのソファでなら一人$5で寝て良いと有り難いオファーをくれたのです。ホテル客には料金を取る朝ご飯もただでくれたり、お昼や晩ご飯も自分たちの食べる分を分けてくれるのでした。そして何より、会話に混ぜてくれました。自分たちはクルド人で持てなすことが文化だと説明してくれました。
DSC_0477

DSC_0300

クルド人の文化をもっと知りたいと思うようになりました。

さて、お礼の気持ちを込めて、このホテルのおじさんに味噌汁をつくることに決めます。

トルコでは茄子をよく食べること、塩が欠かせないこと、油を使う料理が多いことから、茄子をたっぷりの油で焼き塩をふったものを味噌汁に使うことに。

近くの八百屋で茄子を買ってきて、あとはいつもの越後長岡味噌で作ります。私にはしょっぱいけれど、まあまあの出来です。
DSC_0293

DSC_0296

「味噌汁のお味はどうですか?」
「まずいっ!」

まじか!こんなにハッキリ言われたのは味噌玉世界旅史上初でした。

「油も塩も少なくて食べられない。味が無い。」
と言い、塩をふって食べ始めました。しかも大量に!!!そんなにかけたら高血圧(?)になっちゃうよ。

DSC_0297

せっかく作ってもらったから残さず食べようと思ってくれたようで、味噌汁の具を食べてはアイラン(飲むヨーグルト)で流し込む、といった具合……

しかも最後には
「でも、見て!全部食べたでしょ!」と自慢の笑。
しかしお椀を見てみると、具だけ食べ、汁は完全に残っていました。汁を飲んでこそなのですが。

これがトルコでの味噌汁の戦いの幕開けでした。

いつも味噌汁を振る舞うのはドキドキします。

「喜んでくれるかな~?」という一心でハラハラドキドキしているんです。

今回のイベントで私の期待はまんまと覆され、トルコはダメかもと意気消沈したのでした。

ホテルのキッチン手伝いをしているしっかりものの少年たちにも試してもらったのですが、受け取る際の「ありがとう!」という笑顔がかわいかったです。
IMG_2149

IMG_2150

味噌玉がんばって!の意味でワンクリックをおねがいします。
(読者がクリックすると、ブログ村ランキング上での当ブログの順位が上がります!)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ヨガ修行場で味噌汁を食べてもらった

本場インドにあるヨガの修行場で、丸々10日間を過ごしてきました。

ヨガ三昧な贅沢なイメージとはちょっと違いました。国が違えば文化も違います。異文化集団との共同生活では、出会いや刺激が多かったです。

16人部屋の女性寮に泊まり、150~200人近くの人たちと一つのダイニングルームでごはん。毎日ポーズや呼吸法のレッスンを4時間、座学を2時間、ヨガの呪文(!?)を唱えること3時間、全てを団体で行います。他1時間はチームでの奉仕活動に費やされました。残りが自由時間でそれぞれ南インドの自然の中でぼーっとしたりしました。

そもそもヨガとは、身体を柔軟にしたり、美しくなることに目的を置いていないのです。心と体のバランスを整え、自己管理能力向上を図り、最終的にはよりよい社会生活を営むことを目的としています。この考えは、私がカナダや日本のヨガレッスンでは出会わなかったことで、今回初めて学んだことでした。実際に、身体的なポーズの練習の他に、ベジタリアンの食事、正しい呼吸、リラックス、瞑想、ポジティブシンキング、そして奉仕活動を行うことが含まれていました。私の場合、女性寮の毎日の掃除が奉仕作業にあたりました。

その包括的なアプローチに魅力を感じるためか、このヨガの修行場には、初心者から上級者まで世界中から受講者がやってきます。

私のルームメートの女の子たちの出身地も、ポーランド、ロシア、オランダ、ドイツ、フランス、ポルトガル、アメリカ、台湾と国際色豊か。その中で1人、味噌に興味を持っている子がいました。

そこで私の修行生活最終日に、その子に味噌汁を振る舞ってみました。振る舞っていると部屋にいた通りすがりの子たちもやってきます。

「何それ?!」
ーー「味噌汁だよ」
「味噌って何?」
ーー「大豆を発酵させたものだよ。食べてみなよ〜」という具合で輪が広がり、結局5人くらいに食べてもらいました。

初めて出会った味噌をおそるおそる食べながらも、「おいしい」と言ってくれるたり、「自国で食べた味噌より美味しいからブランドを教えて!」と興味を示してくれたりと、反応は様々。

共同生活を通じて友人となった人たちに、楽しい話題提供ができて良かったです。且つそれが健康的な味噌汁だったから、ヨガ修行者の私たちにはぴったりのイベントとなったのでした。

ー余談ー

「猫は味噌を食べるのか?」

修行場に住み着いている猫がいます。この猫、ピンポイントで私のベッドが大好きなのです。(私は猫がちょっと苦手)

ある日、その理由が判明しました。私が味噌の袋を触っていると、目の色変えて一目散にやってくるではないですか! きっとザックに入っていた味噌を嗅ぎつけベッドの上で寝ていたに違いありません。

部屋から追いだそうと必死になって小さじいっぱいの味噌を餌に外におびき寄せました。

全部食べるかと思いきや、少し舐めて放置。そしてまたちょっと舐めては飽きてしまいます。

なんだったんでしょう。猫が味噌を好むなんて聞いたことがありません。無論インドの猫ですし。謎です。

*ヨガ修行場の名前:シバナンダヨガアシュラム

IMG_0797

IMG_0787

IMG_0794

IMG_0798

IMG_3837

IMG_3820

IMG_0701

This is the cat!

IMG_0784

Sleeping on my bed

世界のお客様へこんな資料を見てもらいます!

「味噌汁を世界一周旅行中に振る舞おう」というイベントもゆっくりですすが、着実に進行しています。

食べてくれた人たちの感想はというと、毎回喜んでもらえます。
特に味を気に入ってくれた人たちは、モンゴル人、西洋人、タイ人、インド人といったところでしょう。でも、必然的ながら一番喜んでくれるのは、旅先で出会った日本人でした。

全ての国で共通して言えるのは、「作ってもらった」ということに感謝されるということです。これは大変嬉しいことです。しかし、ここで「じゃあ味噌汁じゃなくてもいいじゃない?」という疑問が生じました。

そこで「味噌汁を食べることが出来て良かった!」と思ってもらえるように、味噌についてわかりやすい説明が必要と考え、簡単な味噌紹介資料を作成しました。資料を自分のi pod touchに保存しておき、さっと見せながら説明すれば、あえて味噌汁を食べる理由が伝わるというわけです。「だからこその味噌汁なのね」と思ってもらえれば嬉しい次第であります。

味噌紹介資料はこちらから→[PDF] What is Miso

Mia

本場インドで習ったパカリ(天ぷら)の作り方

パカリとは、インドの天ぷらのことです。旬の野菜を新鮮なまま香草やスパイスと一緒にマスタードオイルで揚げ、あつあつのうちに召し上がります。日本の天ぷらとは異なるおいしさがあります!

<材料>
マスタードオイル

茄子(季節の野菜)
タマネギ
長ネギ
天ぷら粉

胡椒
ハルディパウダー
パクチ

<準備>
茄子を1cm幅にスライスしておく
タマネギを0.5cm幅にスライスしておく
パクチを刻んでおく

<レシピ>
1. 天ぷら粉に水を入れ混ぜる
2. ハルディパウダー、塩胡椒を入れる
3. 鍋に油を入れ加熱する
4. 茄子を1.に入れ十分にからませる
5. 4.を揚げる
6. 片側に火が通ったら茄子の表裏を逆にする
7. 油から引き上げる
8. 余った1.にタマネギ、長ネギ、パクチを入れ混ぜる
9. 一口サイズにし、油に入れ揚げる
10. 茄子同様、途中でひっくり返す
11. 油から引き上げる

02

8.

03

9.

04

10.

05

11.

揚がり次第どんどん食べていく、といった様子でした。あつあつがおいしいからでしょう!お好みで塩をふりかけてみてください。

味噌汁とマドンナ

misosiru

味噌は世界的にも健康食品として認知されているってご存知でしたか!?

私も偉そうなことは言えませんが、そうらしいです。

邦人女性(西邨さん)があのマドンナのお抱えシェフを務めたというのは有名な話。西邨さんは穀物や自然食を基本とする食事をし健康的になることを奨励する、最近注目を浴びている「マクロビオテックス」を学んだシェフで、長男のアレルギー体質を改善したいマドンナに7年もの間雇われたそうです。

そのマクロビオテックス、味噌汁を一日一回飲むことを奨励しているそうです。西邨さんは日本食に親しみのない人には毎日味噌汁は厳しいので、コリアンダーなどのハーブを入れたりして味を変えているとのこと。

味噌汁を世界で工夫しながら調理しているプロがいることを知り、大いに刺激された味噌玉世界旅であるのでした。

<resource>
http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/489-mayumi-nishimura-interview.html
http://macromacrobiyoko.blogspot.com/2012/07/madonnas-japanese-private-chef-of.html