大学生活・留学で得るもの 

こんにちは。やまとなでしこになりたいミアです。

先日、麗澤大学の入学式のオリエンテーションでと一緒にステージに立ち、対談を披露させていただきました。

現役入学の場合今年19歳っていう若者たちです。

希望に満ちあふれる若者たちを前に、今の時間を精一杯に生きて欲しいと思いました。

カナダの大学へ留学した自分は、その年で何を得たかというと「仲間」でした。真の仲間を作って欲しいと思うのです。

続きを読む

麗澤大学入学式にて講話「行動が自分を作る」

こんにちは 世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

平成28年4月2日(土)は、麗澤大学(千葉県)の入学式でした。

新入生331人の記念すべき入学式に、世界一周旅行へ行った経験からお話をさせていただきました。夫のケンと一緒にステージに立ち、夫婦漫才形式で40分間。

楽しいスピーチになりました。

続きを読む

結婚の決め手はコミットメントにあり

こんにちは。やまとなでしこになりたいミアです。

ワタシは今心揺れる30歳真っ只中にいます。前記事「気付けばもう30歳。思い切って捨てることができるかが勝負」にも書いたように、女性は30手前からそれまで以上に悶々とする時期に突入します。なぜなら現代社会は、

  • 晩婚化が進んでいる
  • 女性も男性同様会社で働ける
  • 専業主婦になることも許されるケースがある

などたくさんのオプションを女性たちにちらつかせてくる。そしてあれもこれもうまくこなさないと、という思いがあたなを苦しめるのです。

続きを読む

【世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法】布ナプキンを使ったらこう変わった

こんにちは〜! Wannabeやまとなでしこのミアは今日も元気です。

2年間の世界一周旅行に行って変わったこと、あるある、いっぱいある! その1つが美容法です。

全4回にわたり「世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法特集」を書いています。第3回目の今日は布ナプキンについて。半ば強制的に使う羽目になった布ナプキン。今じゃこれなしじゃやってけません!

  1. 石けんを使わないとこう変わった(第1回)
  2. シャンプーを使わないとこう変わった(第2回)
  3. 布ナプキンを使ったらこう変わった(本記事)
  4. サプリを使わないとこう変わった(第4回)

続きを読む

【世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法】サプリを使わないとこう変わった

こんにちは〜! Wannabeやまとなでしこのミアです。

2年間の世界一周旅行に行くと、人生変わるって程でもないですが価値観ちょっと変わります。

全4回にわたり「世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法特集」をお送りしています。最終回の今日はサプリについて。自分をいたわることが大好きなか弱いワタシが、発展途上国という荒れ野に投げ出されてどう成長したか?

答え:サプリメントがなくても生きていけると気付いた

  1. 石けんを使わないとこう変わった(第1回)
  2. シャンプーを使わないとこう変わった(第2回)
  3. 布ナプキンを使ったらこう変わった(第3回)
  4. サプリを使わないとこう変わった(本記事)

続きを読む

【世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法】石けんを使わないとこう変わった

こんにちは やまとなでしこになるべく毎日奮闘中のミアです。

2年間の世界一周旅行に行って大きく変わったことの1つが、美容法です。

それまでは会社員だったこともあり当たり前に毎日お化粧をして、ストッキングと窮屈なパンプスを履く生活をしていたワタシですが、旅に出て、化粧はしないし服もアウトドア用服かジャージという、あり得ないくらいラフな生活を2年間以上続けました。

結果、今まで考えもしなかったことに気付くことができました。石けんを使わない生活もその1つ。

全4回にわたり「世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法特集」を書きます。

  1. 石けんを使わないとこう変わった(本記事)
  2. シャンプーを使わないとこう変わった(第2回)
  3. 布ナプキンを使ったらこう変わった(第3回)
  4. サプリを使わないとこう変わった(第4回)

続きを読む

【世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法】シャンプーを使わないとこう変わった

こんにちは やまとなでしこになるべく毎日半歩ずつ前進してるミアです。

2年間の世界一周旅行に行って大きく変わったことの1つが、美容法。人生変わった! は言い過ぎかもしれないけど、シャンプーを使わない生活を自分が送ることになるなんて、まさか思ってもいませんでした。もうシャンプー生活には戻れません!

全4回にわたり「世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法特集」を書いてます。

  1. 石けんを使わないとこう変わった(第1回)
  2. シャンプーを使わないとこう変わった(本記事)
  3. 布ナプキンを使ったらこう変わった(第3回)
  4. サプリを使わないとこう変わった(第4回)

続きを読む

外国語習得能力=異文化への適応能力

こんにちは。世界をまたにかけるWannabeやまとなでしこのミアです。

これから留学を考えている方、留学をしないまでも外国語を習得しようとしていらっしゃる方、言語を学ぶ肝をお話ししましょう。

ワタシは19歳から23歳までカナダに留学して大学を卒業しました。高校までは平均的に英語ができたくらいで、カナダへ渡ってからが大変でした。Do you want to do ~? といった簡単な文も、理解出来るし作文もできるけど、とっさの会話ででてこない、みたいな英語力でした。

ESLで学んだこと

学部で学ぶ以前に、ESL(English as Second Language)のクラスをカナダで1年近く取りました。そこで学んだ1番の教訓をお伝えします。それはタイトルにあるように、外国語習得能力=異文化への適応能力ってこと。 続きを読む

女性だけが断食をする日にインドで見た女性像

こんにちは。やまとなでしこになるべく日々努力しているミアです。

旅に出て、たくさんの人に会いました。中でも印象に残っているのは女性たち。強い強い女性たち。断食を行う女性に会いました。

 

貧しいお母さん

4ヶ月も滞在したインドビハール州ブッダガヤで、カースト制度の下級に属する一家と知り合いになりました。おうちへお邪魔すると、トイレや風呂は無く、キッチンに屋根は無く、ただ寝る部屋だけに屋根があるような本当に貧しい造りの家でした。

お母さんが、わたしたちが買ってきた食材で皆の食事を作ってくれました。しかしお母さんは食べません。今日は、女性だけに課せられた断食の日だと言います。

断食は最近日本でも注目を浴びている健康法の1つですが、このお母さんは、健康になるために断食を自ら選択して行っているわけではありません。

IMG_3126

貧しいお母さんが断食をする理由

なんでこの女性が断食をする必要があるのか。

続きを読む

わたしはこうして膀胱炎を治した

こんにちは。

膀胱炎は、かかる女性が多く、なかなか治らない厄介な病気です。ワタシも2年間世界一周旅行に行き、重い膀胱炎にかかってしまいました。かかるととても苦しいので、一人でも多くの人の役に立てばと思いこの記事を書くことにしました。

日本に帰ってから即行お医者さんへ行くも、処方された薬を飲むだけでは治らず、途方に暮れていた頃に別のお医者さんを紹介されました。そして、その先生に従って治療を進め、数週間の後完治したのです。2年余り苦しんだ膀胱炎からの解放は天にも昇る気持ちでした。

何をしたかというと、採尿をし膀胱に菌がいることが判明すると、次ぎに「細菌学検査」を行いました。そして、どの薬剤に対して菌が耐性を持っているかを調べたのです。

結果、15種類の抗生物質のうち、ワタシに効果がある薬はたった5種類であるということがわかりました。確かに、旅中に処方された抗生物質が途中で効果が小さくなったタイミングが過去にありました。しかしまさか菌に耐性ができたなど思わなかったので、症状が重くなると抗生物質を飲んでしまっていたのです。そして「腎盂腎炎になっていてもおかしくない」というレベルまで悪化させてしまっていました。

こうして、ワタシの菌に効果のあるゾシンという点滴薬を3回に渡り処方してもらい、間猪苓湯(ちょれいとう)という漢方薬を2ヶ月飲み、膀胱炎が晴れて完治したのであります! 膀胱炎が治るってこんなにすがすがしい気持ちになるんですね。

ちなみにこの「猪苓湯(ちょれいとう)」という漢方薬、これは症状を和らげるのを一番助けてくれました。世界一周旅行中は、クランベリージュースや、ココナッツウォーターなどを試しましたが、そのどれよりもわたしの症状には効き目がありました。

怖い膀胱炎

先生曰く、膀胱炎を引き起こす悪い菌が膀胱内にいて、炎症を起こしている状態を「急性膀胱炎」と言うらしいです。ワタシの場合もこれだったので、菌に直接働きかける薬を処方してもらいました。また、2年間という恐ろしく長い期間膀胱炎を患っていたため、傷ついた膀胱をいたわるために漢方薬も処方してもらいました。

急性膀胱炎より怖いのは「慢性膀胱炎」だそうです。膀胱内に菌がいなくなったのに、かつて菌がいたため臓器の働きが正常ではなくなるために引き起こされるものらしいです。

原因を突き止めない限り膀胱炎の正しい治療は行えません。原因追及をしっかりやってくれる病院をおすすめします。どうか、皆さんが良いお医者さんと出会え、完治に向けて歩み出せることを心から祈っております。

(ワタシがかかった病院は、茨城県北部にあります。病院と先生のお名前を知りたい方は、個人的にメッセージをください。)