黒船ペリーの時代から既に始まっていた外国人の刺身嫌い

こんにちは 世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

世界一周旅行でみそ汁をふるまい、帰国した現在は和食料理屋で修行をする傍ら民泊の運営をしています。

民泊では、海外からのお客様に和食や味噌の良さを知って楽しんでほしいという思いも込めておもてなしをしています。

和食が喜ばれるとは限らない

我が家の民泊の特徴はゲストと必ずコミュニケーションをとること。ざっくばらんな会話から相手の旅のスタイルや食の好みを感じ取り必要な情報を提供します。

スムーズで快適な日本旅行を全うしてもらいたい、と願うと同時に日本文化をより深く知ってほしいと思いがあります。

会話の中でリクエストがあれば日本酒や甲州ワインの味見のサービスを説明とともにしたり、デモンストレーションしながらのお出汁のひき方、味噌の説明なんかもしています。
続きを読む

真のおもてなしとは何なのか

こんにちは。世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

このブログで何度も述べていて恐縮ですが、ワタシは2年4ヶ月間の世界一周旅行で、各地でみそ汁をふるまってきました。

今は海外の方を中心に、昆布や鰹出汁の説明、味噌のテイスティング、みそ汁の調理体験など、日本文化に触れてもらう機会を設けています。

もっと外国人観光客に日本に来てもらいたい。来てもらって訪日をリピートするくらい日本を好きになってもらいたい。その願いは、2020年までの訪日外国人数を今の約倍の4000万人と発表した政府と方向性は同じはずです。

それには観光客が求めているものと、受け入れ側が思い描く「おもてなし」がズレていてはダメですよね。

現状日本が抱えるハードルは何か考えたいと思います。

続きを読む