自己満足に過ぎないミニマリズム

こんにちは やまとなでしこになりたいミアです。

うちにはまな板が2つあります。

しかしまな板立てはありません。

必然的にまな板がカビで黒ずんでしまいました。

たかがまな板立ての購入に悩んだちょいミニマリストのワタシの心の葛藤を見てください。

ミニマリストに感じる変態の匂い

程度にも寄りますが、モノを極限まで持たないことに生きがいを感じる人たちに変態というかオタクの要素を感じます。

いったい誰のためのミニマリズムなのか。自分、家族、友達、社会、地球。自分の場合、自己満足。

ハマると、モノがある生活が気持ち悪く感じてきます。

1000円もしないまな板立ての購入でさえ、丸1日悩むことになる

だってミニマリストに憧れていますから。

世界一周旅行へ行き、ミニタオル1枚、パンツ3枚、ブラ無しで2年間過ごした経験から、中途半端にミニマリストの芽が出たため、「買わない」ことと「捨てる」という選択肢を大切に生きています

「ミニマリスト=ただの面倒くさがり屋」

資産運用って面倒ですよね。例えば、洋服だってアクセサリーだってあなたの立派な資産です。その資産を良い状態にメンテナンスすることは時間的、精神的にコストです。

持たないだけで気にすることが減るなんてお得だと思いませんか?

だからまな板立てを購入うすることを躊躇うのです。まな板立てにかかる費用だけがコストではないのです。

まな板立てを使うことで、まな板が乾燥され清潔に保つことができますが、今度はまな板立てまで洗わないといけなくなります。

乾燥効率が悪かった、まな板立て購入以前の状態。まな板の底部分がテーブルに密着しており、乾きにくかったです。

結局まな板立てを購入した


これがまな板にとってベストの状況かどうかはわかりませんが、密着している面積が減り、以前よりは改善されました。

さて、購入しない場合とする場合のコストを比べました。

まな板立てが無いと、まな板が乾燥しにくくてカビが生えやすくなってしまいます。そのメンテにかかる自分が感じるコストと、まな板立てを持つことによるコストを比較すると、購入する方が得に見えてきました。

買う場合と買わない場合でどっちが得か考えすぎる

ミニマリストは極力モノを持ちたくないですから、モノを持つかどうかの選択に迫られたとき、新たなストレスを抱えることになります。

それがいったいコストフリーなのかどうか、不明です。所詮自己満足ですから、結局は自分の良いように取捨選択していけば良いのでしょう。


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
English Blog: http://misospot.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg