かまベジに懺悔をしながら紅菜苔を食べた

こんにちは やまとなでしこになりたいミアです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

最近のブームは野菜の定期便サービスかまベジの野菜を徹底的に料理し、こうしてブログにレビューを載せることです。

これまでもこんなにレビューを書かせていただきました。

関連する過去の投稿

→かまベジの野菜を調理してみた オータムポエム編
→かまベジの野菜を調理してみた 三浦大根編
→鎌倉野菜かまベジで頼んだ野菜を調理! ニシユタカとパープルスティック、サラダMIX編
→【レビュー】鎌倉野菜 定期便が届いた!
→家事の効率化を生活協同組合でやってみた

さて、今回はいきなり懺悔から始まりたいと思います。

なぜならかまベジさんの立派な野菜を、自分の料理の技量低さにちょっとまずくさせてしまったからです。

今回使った野菜は紅菜苔(こうさいたい)。

紫色をしたおいしそうな葉もの野菜。モロヘイヤ的要素が加わった、茹でるとちょっとヌルヌル感ある菜の花って感じです。あともう少し菜の花より丈夫で繊維も固いです。育ちすぎているのかしら? それともこういう野菜?? 無知です。

とにかくおいしい野菜、紅菜苔。届いて3日目なのにこんなにシャキッとしていました。
DSC_0071 (1)

ワタシ天ぷらにしようと、よ〜く水を切ってから天ぷらのたねにつけたんです。それで油の温度も確認せずに、てきとうに油にぶち込んでしまった。
DSC_0080

まだ熱くなり切ってなかったらしく、ジュ〜とも鳴らない。

そのまま熱くなるまで油の中に入れておくしか為す術無く、結果やけにギトギトした天ぷらになってしまいました。

DSC_0091

食感がサクッとしないんです。全てはワタシのテキトーさと技量の低さが原因です。

だれかおいしい天ぷらの作り方教えてください。

何度も試行錯誤してるんですけど、どうも、これだ!っていうレベルにならないんです。正直に告白すると、今までで自信を持っておいしくあげられたのは紫蘇の葉のみです。

天ぷらを極めるのはきっと難しいんです。なぜなら食材の性格をよくよく見抜かないと油の温度や加熱時間、切り方で調整できないからです。自分はまだまだなんだ。

次作るなら

天ぷらは、他の食材でまずは腕を上げることが必須です。さもなければ紅菜苔で一発成功する気がしません。繊維が固いんだもん(→自分の失敗を棚に上げてます)。

しかし、気を取り直して次に紅菜苔で何か作るなら、炒め物にチャレンジしてみたいです! 空心菜的なそれです。ニンニクと鷹の爪が入ってて、油にその味と塩っ気がおいしく馴染んでる、中華屋さんでよくメニューにあるヤツ。オイスターソースとナンプラーで得意げに味付けをします。

これならたぶん失敗しないでしょう。

次回のお届け日にも入ってくるといいな、紅菜苔。こう振り返っていると、次回は入っていて欲しくない野菜はゼロでした。さすがかまベジです!

 


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
English Blog: http://misospot.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg