見つけた、ベストなレシピ! 卵の薄皮化粧水でモチ肌ゲット

こんにちは やまとなでしこになりたいミアです。

化粧品について持論があります。

「高い化粧品より、自分の肌に合う商品を使え」です。

基礎化粧品が合わなくて、かゆくなってカサカサになった経験や、痒いと思っていたら翌日顔が腫れた経験ありませんか?

紫外線、食べ物からくる体への負担、乾燥などと、化粧品からくるストレスが重なって、肌が荒れることは十分ありえます。

日焼け止めや高級ブランドの美容液に反応して肌が荒れたこと、ワタシもあるんです! 成分を見ると、香料とかアルコール、防腐剤が入っていますもんね。

余計な成分が入りすぎてる商品よりはバセリンくらいが良い

このブログの読者様ならご存じだと思いますが、ワタシは世界一周旅行に2年以上行っておりまして、そこでいろいろ価値観かわりました。

その一例はこちら
→【世界一周旅行から学んだ一歩進んだ美容法】布ナプキンを使ったらこう変わった

旅中のある日、日本で2セットも買い込んでおいた化粧水と乳液がなくなって、現地で調達する日が訪れました。

化粧水はおろか、顔用クリームもなくて、ニベアのボディークリームくらいがかろうじてある国もありました。意外とアメリカやカナダでも、日本のように肌に優しい基礎化粧品が充実してないんです。

そこで結局一番信頼できたのがこれ。バセリンです。

香料着色料が入っていたり、塗ると痒くなる保湿クリームを使うんだったらこっちの方がまだマシ。シャワー後の水滴がまだ乾ききらない肌に、お湯を手に取りバセリンを引き延ばして塗ると、比較的塗りやすく、保水効果もバッチリです。

ただ、不満は2点ありました

  1. 固めのジェルという形状。顔にパシャパシャできないどころか、寒い場所だと固形化してスーと塗れない。とにかく馴染みが悪い。
  2. 美容成分が入っているわけではない。表面的にテカテカにはなるけどモチモチになったりしない。

自分の肌に合う商品は手作りが一番

余分な成分が入っているせいで肌荒れした経験や、バセリンのだめな点を踏まえ、化粧水に求めた答えは……

  • 不要な成分は肌荒れの元だから絶対除外すべき!
  • スーっと伸ばせるような、或いはスプレーで直接顔に吹きかけられるような形状にしたい!
  • 肌に染みこませる美容成分が欲しい!

この3点をクリアすべく手作り化粧品を作ってみました。今回は、実際に作ってみた結果見えた改善点や工夫すべき点を加えてご紹介します。

以前書いた関連投稿がこれ ワタシがアレンジする前のレシピが引用されています。
→捨てちゃダメ。卵の薄皮を利用した化粧水?!

準備するもの

  • 35°以上のアルコール90ml
  • 昆布3g
  • 卵の薄皮10個分(*量を1/2で作ることも可能ですが、最初は10個で作ったほうが後々楽ちん! 原液は冷蔵庫で3ヶ月保つそうです。)
  • 精製水100ml×3回分(上記で原液ができます。それを精製水とグリセリンで割って使います)
  • グリセリン10ml×3回分
  • 漬けておくための瓶
  • 完成した化粧水を入れる容器

作り方はとっても簡単!

  1. 割った生卵の殻を水洗いし、水の中に半日〜1日漬けておく。*2時間くらいしかつけなかったら、剥がす過程が大変でした!
  2. 薄皮をてろ〜っと剥がす。卵の殻10個となると少し根気の要る作業ですね。
  3. 乾かす。*この際、ふわっとざるの上にでも置いておきましょう。ペタっとくっつけた状態で乾いてしまうと、剥がす際が大変でした!
  4. 昆布を細く切る
  5. 煮沸消毒した瓶にアルコールを入れる
  6. 切った昆布と卵の薄皮をアルコールに入れる
  7. 1週間冷蔵庫に放置
  8. 30mlの原液を濾しながら取り出す
  9. 30mlの原液と、精製水、グリセリンを混ぜて完成!
  10. 残った2/3の原液はそのまま冷蔵庫に放置。*この状態の原液に、新たな卵の薄皮を加えていって良い

1の卵を水に漬けることろ。半日〜一日置けば薄皮がす〜っと剥けやすくなります! 空気と触れぬようラップをかけてみました。スクリーンショット 2016-03-16 10.59.23

2の薄皮を剥くところ。2時間しか浸さなかったから剥きにくくてしょうが無かった! この後さらに一日漬けておきました。スクリーンショット 2016-03-16 11.00.17

3の乾かした状態。乾くとこんな感じに。DSC_0067

せっかく苦労して剥いた薄皮が、今度はざるにくっついて剥がれません!ふわっ、ぱらっと置いて乾かしましょう。そういう意味では凹凸があるザルの方がいいですね。DSC_0076

4の昆布3gを切っているところ。紫外線によるダメージを補修してくれるんだとか。ぬるぬる感もいいかも。スクリーンショット 2016-03-16 10.58.34

5のアルコールを瓶に入れるところ。もともと本に書いてあったレシピ通り150mlのアルコール入れたら、つーんと目と鼻にきます。肌にもピリッとした感触を与えます。だからワタシのレシピではアレンジして90ml。

それか完成した原液を一瞬沸騰させたらどうなるかしら。実験は続きます。スクリーンショット 2016-03-16 10.58.24

7.とりあえず冷蔵庫にイン!スクリーンショット 2016-03-16 10.57.44

好みの水の量に調整した結果(上記のレシピと同じ)、使いやすくなりました。肌もモチモチで良い感じです!DSC_0172

卵の殻が2個また来ました! 洗って乾かして、また原液に追加します。あと1週間後に再び原液ができます。アルコールの量が減ったら少し足してみたら良いと思います。スクリーンショット 2016-03-16 10.56.44

余った精製水、どうする?

冷蔵庫で1週間しか保たないので、どんどん使いましょう! スプレー容器に入れて髪をとかす前に振りかけています。また、使い切れなかった分は冷凍してとっておけます。DSC_0169

総評:これイイ!

卵の薄皮すごいイイ! 肌のふっくらした感じが以前と全然違います。ツヤ感にも満足。思わず鏡を見てハッピーに。

アルコールが目や肌にしみる件が気になったので、アルコールの量を減らし、水とグリセリンの量を増やしたのが上記レシピです。完成した原液を一瞬沸騰させれば良いのかなとも思っています。今後も模索は続きそうです。

市販の化粧水よりモチモチ感がすごい。気に入っています。


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
English Blog: http://misospot.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です