ご近所挨拶どうしよう、カステラ作ってみよう!

こんにちは〜 やまとなでしこになりたくてむずむずしているミアです。

世界一周旅行から帰ってきてめでたく籍も入れ、仮ですが新居に越してきました。さて、ここは神奈川県箱根。ただならぬアウェイ感を感じております。

今までの引っ越し先って東京だったり札幌だったりしたから、アウェイ感・よそ者感を感じることがありませんでした。東京はみんなよそ者だし、札幌は人がとにかく優しいんだ。

ところが今、引っ越し先では少しだけそわそわしているわけです。

先日資源ゴミを出しに行ったときなんて、挨拶に行かなきゃと思っていたお向かいさんにばったり遭遇。向こうから「失礼ですけどどちらのお住まいですか?」なんて訪ねられちゃったから、ああもっと早くに挨拶しに行ってれば良かったものを! と後悔したのであります。

そこでワタシが得意なお菓子、カステラを焼いて持っていくことにしました。なんてやまとなでしこ的。

DSC_0055
近所をぶらつくワタシ。無意味なポートレート①

DSC_0036
近所をぶらつくワタシ。無意味なポートレート②

本当は「うちの畑で採れた○○だから食べてくださ〜い」なんて言いたかったけど、まだそこまでやまとなでしこになりきれてないんでね。

さてなぜご近所さんへの挨拶をカステラにしたか。理由を挙げてみましょう。

  • 気を遣わせたくないからカジュアルなものにしたかった
  • ずっと残ってしまうのは気を遣うので、無くなるものにしたかった
  • 思いやりが伝わる手作りのものにしたかった

ご近所挨拶、うまくいくでしょうか。

DSC_0154

 

【材料】20cm*20cmの型の場合

  • 卵5個
  • 強力粉180g
  • 砂糖240g
  • 牛乳75cc
  • 蜂蜜大さじ3
  • サラダ油大さじ2

型、クッキングシート、クッキングシートを貼り付けるためのバターも必要です。あとオーブンもね。

【作り方】

  1. 牛乳を蜂蜜がとけるくらいの温度に温める。蜂蜜を入れ溶かす。
  2. 卵の白身を泡立てる。ミキサーをボールから上げたときにしっかりと角が立つくらいまで泡立てる。
  3. 砂糖を入れ、艶が出るまでへらで混ぜる。
  4. あらかじめ溶いた卵黄を加える。
  5. 1を加え、なめらかになるまでへらで混ぜる。
  6. 粉をふるい入れる。少しずつ入れ、混ぜ、入れをくり返す。粉が玉にならずに済む。*注意:混ぜ過ぎちゃダメ!
  7. サラダ油を加えへらで混ぜる。*注意:混ぜ過ぎちゃダメ!
  8. クッキングシートを敷いた型に流し入れる。
  9. 180°に予熱されたオーブンに入れ10分、次ぎに160°で50分焼く。
  10. 取り出し、濡れふきんをかぶせる。
  11. あら熱が取れたら、ラップに包み、翌日になったら食べられる。

DSC_0161

カステラって難しいです。各家庭のオーブンによってもできが全然変わってくる。だから何回も作って練習というか試行錯誤するしかないみたい。シンプル故にすごく微妙な差異に反応するんです。

動画を撮ってみた!

 

その後勇気を振り絞って夫と渡しに行きましたよ。そしたらすごくやさしいおばさんで、ほっと一安心したとさ。

挨拶しといて良かったー。気が晴れたわー。


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
English Blog: http://misospot.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です