煩悩は腹の肉と化す

こんにちわ。やまとなでしこになりたい、wanna beやまとなでしこのミアです。

やまとなでしこも人間の3大欲求にふりまわされていたのかなあ。どうかなあ。

おいらはダメですね、チョコ食べたい。こういう危ない誘惑に負けて食べちゃう行為を、英語でguilty pleasure って言いますね。訳すと「罪な喜び」です。

bonno

でもこれって、単なる「食への欲」ではないと思うんですよ。

栄養取らなきゃ死んじゃうから食べたいわけじゃなくて、むしろ食ったら不健康になるチョコレートケーキが食べたいんですよね。

マズローの欲求段階説って知ってます?

マズローさんによると、人間はまず1番に生理的欲求があって、それが満たされると2番に安全の欲求が出てくる(例えば福祉が充実した社会を作りたいとか、清潔な社会にしたいとか)。3番に愛の欲求(なぜ自分が存在するのかを愛されることで理解したいという欲求)。そして4番に自尊心の欲求(社会的に承認されたいという欲求)。5番に自己実現の欲求(簡単に言ったら聖者にあった特徴。たぶんマザーテレサとかガンジーとか。)

でもちょっと待って。

他の人がどうかは知らんが、わたしの場合これら3~5番の高尚な欲求が満たされない時にチョコレートを食べたくなっていると思う。

  • 3番: 愛に満たされていないときにチョコレートあるいはアイスクリームが食べたい
  • 4番:会社でうまくいかなかったときにチョコレートあるいはアイスクリームが食べたい
  • 5番:民主主義を世界に広めたいなんてでかい欲求を満たせない凡人のわたしは、常にチョコレートとアイスクリームだけじゃなくさまざまな誘惑に耐え続けなければいけないのだ

そもそもね、高尚な欲求を満たせるような力のある人はチョコレートやアイスクリームといった欲に打ち勝つ力が既に備わっているわけです。

さらに言うと、

3~4番を満たせる人は、1~2番の欲求が生まれない。5番の欲求を満たせる人は、3~4番の欲求も生まれない。逆にね。

おいらはまだまだ欲求のレベルが低いのかも。だって1番の欲からも巣立ててない。

 

 


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
English Blog: http://misospot.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg