ヒマラヤ名物、リンゴとチャン

ヒマラヤは、リンゴの産地である

意外にも、トレッカーたちに提供されている宿の食事メニューに、必ず「アップルパイ」がありました。

3300mの宿で作ってもらったアップルパイを翌日食べたら、中身のずっしりしたリンゴに味がしみてて、すごく美味しい。

スライスしたリンゴに砂糖とチョコレートパウダーを混ぜ、餃子のように包んで揚げます。自宅でも気軽に作れそうなくらい簡単さです。
18

19

20

21

ちなみに、リンゴは昨年収穫したものを低温貯蔵庫に保管しておきます。生で食べさせてもらったら、甘くなくて酸味が強く野生の味がしました。

村が大きくなると、オーブンがある宿がちらほら出てきます。オーブンで焼いたアップルパイもまた、格別なんです。

ネパールのリンゴの産地と言われる「Marpha」という村では、アップルブランデーまで売っていました。スッキリしていて後味も美味しいです。ストレートで飲むらしいです。
23

22

どぶろく的なお酒、チャン

16

米か、雑穀かのどちらかで作るらしいお酒があります。

ネパール語でも、チベット語でも「チャン」といいます。

発酵した米を何度も何度も揉んで、濾す。出た汁をもう一度米にかけ、揉んで濾す。その行程を何度も繰り返し、チャンができあがります。酸味があって美味しい!

13

12

14

15

チベット人が運営する宿で飲ませてもらいました。酸味のせいか、モンゴルで飲んだ馬乳酒を思わせるものがありました。


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください