いい本との出会い

ヤンゴンでこんな本を買いました。

タイトルは、「Cook and Entertain the Burmese Way」、「ミャンマー式料理ともてなし」とでも訳されるでしょうか。実はすごく貴重な本で、ミャンマー人女性としては初、ミャンマーの文化について1978年に書かれたものなのです。

内容が実に面白い!

普通のレシピ本かと思いきやそうではないんですね。

調理器具や火の使い方からミャンマーの文化の紹介をしてくれているのです。そのうちのいくつかを紹介したいと思います。

○味の種類
・塩気、酸味、甘み、辛み(胡椒、生姜、唐辛子など)、香り高い(品質の良いお米やローストされた唐辛子の粉が”香り”の例)、深み(木の実によって増す味の深みのこと)、にがみ(野菜に含まれるにがみのこと)、鼻につんとくる(スパイス)があります。他にも、”重い”、”軽い”、”満たされる”なども味の種類として記載されていました。

ーー確かに、日本では食べたことがないような、どう形容したら良いかわからない味に遭遇することがあります。

○すり鉢はかかせない
朝日が昇るとすり鉢を使って調理する音が各家から聞こえてくるそうです。そうやって作られたドレッシングや調合スパイスを用い、ミャンマー独特の香り豊かな料理にしていきます。唐辛子、タマネギ、ニンニク、生姜は毎日の食事に欠かしません。さらにはカレースパイス、乾燥エビ、ごま、大豆なども調合します。

ーーこうしてスパイスが効いた料理ができあがります。それにしても日本では目にしない光景です。子どもの頃、ごまを擦る手伝いをしたことがかすかな記憶の中にあるくらいですかね。

○田舎の女性が食事前に風呂上がりなわけ
火の燃料は木で、料理をすると体中がススだらけになってしまいます。ゆえにキッチンは外にあり、モダンな家でも喚起が優れた作りになっています。墨だらけになったら陽が落ちる前に川で水浴びをして、そのまま夕食の席に着くわけです。

○腕の良い料理人は地域の産物についてよく知っている
肉や魚にも旬があります。例えば豚はピーナッツの収穫時期やラード油の価格が下がったときに一番肥えてきておいしいです。鶏はモンスーンの時期に泥が増え育てるのが大変になってくると安売りされます。エビはモンスーンと冬の間が旬です。野菜もしかり。それぞれ食べるのには適切な時期があるのです。旬のものはおいしいですが、それだけがメリットではありません。健康的に効率よく一年間を過ごすための技術を習得することでもあるのです。自分の地域の産物の旬を把握することができる料理人は腕の良い料理人なのです。

ーー”料理人”に求められているスキルが高い!この本の中で料理人とは専業主婦を指していますが、もはやプロですね。

こうした説明とあわせてレシピが紹介されています。自分の生活環境をみつめて自国の文化について本をかくなんて本当にすごいな、この著者は!と感心してしまうわけです。

水浴びをする様子

水浴びをする様子

川と民家

川と民家

Cook and Entertain the Burmese Way

Cook and Entertain the Burmese Way

IMG_0158

道ばたの本屋さんで買いました

道ばたの本屋さんで買いました


プロフィール

ミアタケ

2年4ヶ月に及び、みそ汁をふるまう世界一周旅行をする。味噌に感化され和の文化が好きに。帰国後30歳からミア流和式花嫁修業に精を出す。
さまよいがちにグローバル化する現代ニッポンの産物であり、博愛主義の愛国者と自分自身を分析する。

Facebook: https://www.facebook.com/misodama.world/
Twitter: https://twitter.com/MiaTakeshige
Instagram: https://www.instagram.com/mia_takeshige/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC-CAlUVk2PRbz0pdnhidZgg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください