初めての味噌作り日記 第1日目

こんにちは! 世界をまたにかける味噌ラーです。

2年4ヶ月世界一周旅行に出て、面白そうというだけでみそ汁をふるまってきた経験を持つ筆者であります。

「じゃあ、味噌を作ったりもしているんですか?(キラキラ顔)」と聞かれるのがオチで。

「い、いえ、まだなんです」とタジタジになりながら、今度の冬こそ作らないと内心熱く燃えているのであります。

ということで、経験値ゼロの筆者が初めて味噌作りにチャレンジしてみたいと思います! 続きを読む

お茶を習う3つの理由

筆者も今年で31歳になりました。ママさんバレーに精を出し、茶とは無縁な親友に質問をされました。

「は?!なんでお茶なの?」

……なぜ筆者がお茶を習っているのか。お茶をたしなむメリットをお伝えしたいと思います。

お茶を習う三大目的

  1. 心を落ち着かせ集中力を身につけ、人生と社会を豊かなものにする
  2. 作法を身につける
  3. 日本の文化・芸術・歴史に触れる

続きを読む

真のおもてなしとは何なのか

こんにちは。世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

このブログで何度も述べていて恐縮ですが、ワタシは2年4ヶ月間の世界一周旅行で、各地でみそ汁をふるまってきました。

今は海外の方を中心に、昆布や鰹出汁の説明、味噌のテイスティング、みそ汁の調理体験など、日本文化に触れてもらう機会を設けています。

もっと外国人観光客に日本に来てもらいたい。来てもらって訪日をリピートするくらい日本を好きになってもらいたい。その願いは、2020年までの訪日外国人数を今の約倍の4000万人と発表した政府と方向性は同じはずです。

それには観光客が求めているものと、受け入れ側が思い描く「おもてなし」がズレていてはダメですよね。

現状日本が抱えるハードルは何か考えたいと思います。

続きを読む

海外留学後の就職 

こんにちは、世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

自己啓発系のビジネス本でよく、自らの経験を「点」と例え、点と点を「線」に、線より多面的に思考する「面」に発展させるべしと説かれていることがあります。

ワタシは高校卒業後、カナダへ渡り大学卒業後は東京の会社に就職、4年目に退社、2年4か月間の世界一周旅行を終えた現在は、英語も使い、味噌はじめ日本の文化を日本国内外の方に伝える活動をしています。

現在があるのは元をたどればカナダで過ごした大学時代があったから。留学させてもらえたことは親に大感謝していますので、留学を迷う学生には必ず留学を勧めています。

そのワケをお伝えしましょう!

続きを読む

塩麹を使った下処理のススメ

こんにちは 世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

日常の調理に求めるものは何ですか? ワタシの場合以下の3つの点です。

  • 効率の良さ
  • おいしさ
  • ヘルシーさ

そこで、下処理の重要性を強調したいと思います! 食材を購入してワタシが実践することは以下の通りです。

  1. 下処理だけは買ってにすぐやる
  2. 下処理・下味付けに塩麹を活用する

続きを読む

ミソガールの視点でG7伊勢志摩サミット舞台裏を語る

こんにちは。「ミソガール」としてG7伊勢志摩サミットメディアセンターで「みそまる」をふるまったミアです!

「サミット支える人たち」と2016年5月27日の伊勢新聞に掲載されました。当日の状況、ミソガール藤本氏の活躍ぶりをワタシの視点でお伝えしたいと思います。
続きを読む

海外ボランティアを受け入れたら大成功だった

こんにちは 世界をまたにかける味噌ラーのミアです。

・日本にいながらにして海外出身の旅人と交流したい!
・安くスキルの提供を受けたい!

こんな思いがある人にオススメしたいのがWorkaway.infoです。 ゲスト(旅人)がボランティアをする代わり、ホスト(住人)が布団と3食を提供するという仕組み。

続きを読む

大学生活・留学で得るもの 

こんにちは。やまとなでしこになりたいミアです。

先日、麗澤大学の入学式のオリエンテーションでと一緒にステージに立ち、対談を披露させていただきました。

現役入学の場合今年19歳っていう若者たちです。

希望に満ちあふれる若者たちを前に、今の時間を精一杯に生きて欲しいと思いました。

カナダの大学へ留学した自分は、その年で何を得たかというと「仲間」でした。真の仲間を作って欲しいと思うのです。

続きを読む